エッセンシャルオイルとアロマオイルの違い

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違い
エッセンシャルオイルとアロオイルは呼び方が違うだけ?
いいえ、全く違うモノです。簡単に言うと、エッセンシャルオイルは自然のもの、アロオイルは人工のものです。

エッセンシャルオイル(精油)は植物の花や葉や根に含まれるわずかな量の芳香成分を抽出した天然成分100%のオイルです。合成香料は一切含まれていません。

エッセンシャルオイル(精油)を使ったアロマセラピーには「体や心の不調を改善する作用」があると言われていますが、これは精油の成分(植物の力)によるものです。例えば、ラベンダーの精油の主成分である酢酸リナリルとリナロールには、鎮静、抗痙攣、鎮痛作用があります。

また、精油は手作りコスメやアロマバス、アロマトリートメント(マッサージ)など、直接お肌に塗布して使う事ができます(精油をマッサージや手作りコスメに使う場合はホホバオイルなどのキャリアオイル等で薄めて使います。原液をそのままお肌に塗布する事はできません)。

アロマオイルは合成香料を含有するオイルです。香りは精油に似せていますが成分が全く違います。

アロマオイルは香りを楽しむ用途には有効ですが、精油がもたらすような成分(植物の力)が入っていませんので作用はありません。また、アロマオイルは人工香料ですので直接お肌につけることはできません。

天然のエッセンシャルオイル(精油)東京産ひのき精油は国産、馴染みのある香りで安心です。プレゼントや初めての1本におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました